読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずいろのぶん

自分の中の情報や考えのアウトプットと文章力の向上を目的にブログを書いています。

肌の調子と運動

私の顔は所謂混合肌ってやつだ。Tゾーンはテカっとするがほっぺたなんかは乾燥しがち。

小さい頃はアトピー体質だったものだから今でも肌は強いとは言えない。むしろ肌質は弱いほうだ。

中学と高校の頃はニキビにが顔にいっぱいできて悩んだし、ニキビのせいで日焼け止めも塗ることが出来なかった。

日焼け止めが毛穴に詰まってニキビがより酷くなると皮膚科で言われてしまった、、、

私の周囲は卵肌のような友達ばかりで、どうしてニキビがないのかと羨ましく思っていた。

今思い返すとニキビの原因は肌の質もあっただろうがストレスを常に抱えていたことだと思う。

当時所属していた部活は上下関係が恐ろしく厳しくて毎日ついて行くので必死だった。

それ以上に同期の子たちと馴染み切れなかった。一緒に遊びに行ったりドラマの話をしたりと楽しそうではあったが、門限があってテレビのチャンネル権のない私にはついていけなかった。

中学の頃には携帯電話が普及し出していて、割と裕福な学校にいた私の友人たちはほとんど携帯電話を持っていた。

でも私の家の教育方針で携帯電話は持たなかった。

今であれば周りと違うことすら己の武器として人間関係を築くことが出来るが、当時は何でも周りと一緒でなければという強迫観念を持っていた。

だから常にストレスフルな状態で過ごしていた。肌ももちろんニキビだらけだった。

母には20になる頃には綺麗になるよと言われていたが信じることは出来なかった。まあ、いざ20歳になると本当に綺麗になったので母の言うことは正しかったわけだ。

こうして肌のことで常に悩みを持っていた私は大学に入って違う肌の悩みを抱えるようになる。

日焼けと乾燥だ。

日焼け止めを塗る習慣がなかったせいで、肌は焼けるに任せていた。そのため白いとは言い難い肌の色で着たい私服と顔の色が合わないことも多かった。

そして少しずつ肌が乾燥するようになっていた。色々と化粧水を試してみるが、面倒で好きにはなれなかった。乳液なんてベトベトするから嫌いだった。

それでも成人式の振袖のために少しずつ気をつけて過ごすようになって化粧水も乳液も嫌ではなくなってきた。

お気に入りの基礎化粧品ができたのも良かった。

成人式が終わった後は次の問題が出てきた。

ニキビというか吹き出物というか、、、あと毛穴の詰まり。

基礎化粧品でいくら整えても何となく肌質が良くない。化粧品を変えてもそこまで綺麗にならない。

ストレスを抱えたり、睡眠不足であったりするとその傾向は余計に酷くなった。

大人になって変わった肌トラブルを抱えながら過ごす中で家族が気がついた。運動をした日の肌はすごく調子が良さそうだよ、と。

意識して肌を見てみると確かに運動した日は艶もハリもあって綺麗だった。

どうやら私には高いパックやクリームよりも運動の方がずっと効き目があるようだ。