読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずいろのぶん

自分の中の情報や考えのアウトプットと文章力の向上を目的にブログを書いています。

人生のメンターが欲しいという話

社会人になるのを目前にして色々と本を読んでいる。その中で本田健の「20代にしておきたい17のこと」という本がある。

なんで17みたいな中途半端な数字やねんというツッコミはおいといて、20代のうちに人生のメンターを探せという文言があった。

ぶっちゃけ内容としては他の本にも書いてあることだけど大事なことを書いている。この人の本で良かったところは、メンターは年々変えていって良いし、それは自然なことである、ということだ。読む前はメンターは良質な人を1人選んで人生の師とすべきだと思い込んでいた。

読了後は確かに色々と人は成長するものであるから変えるのもあって良いんだと思えた。思い込みって怖いな。1人しか選んではいけないと言われたらもっと良いのをと思ってしまうけど、年代によって変えても良いなら気負わずに見つけることが出来る。

この本を読んでからより一層自分が目標とすべきメンターが欲しいなと思ったけど中々難航した。正直な話尊敬する人は?と聞かれてもパッと出てこないもんだから悩む悩む。

尊敬する人でいうと大学の恩師が思い浮かぶけど、メンターになって欲しい人ではない。両親は好きだけどやっぱりメンターとは違う。

 

そんな感じで去年の9月くらいからずーっとメンターが欲しいと悩み続けてきたけれど、実は私のメンターはすぐ側にいた。

その人とは友人の紹介で知り合った。ちょうど進路のことで深く悩んでいた時期で、相談相手が欲しかった私にとっては最高の人だった。知り合ってから時々連絡を取っては刺激を受けるばかり。私の知らないこと、というよりも私が今まで気にかけてこなかったようなことをしっかりと知っている人だった。

その人が教えてくれる内容が凄く自分にとって凄くタメになって視野が広がった。その人を紹介してもらったとき、友人にかなりディープな自分の考えを曝け出したおかげで出会えたかと思うと勇気を出して本当良かった。

それでも3月に入るまでその人が私にとってのメンターに当たるだなんて思いもしなかった。私はメンターをどこか神格化していたのかもしれない。でも自分にとってのメンターとは何かを考えているうちにふと、その人が私のメンターだと気がついた。きっかけは多分私の知りたい情報を教えてくれた時だ。

知りたい情報と言っても、今の私にはそれすら具体的にはなっていなくて思考のかけらのような状態だった。そんなかけらを掬い上げたかのような内容を私に教えてくれるのを見て、不思議とこの人が今の自分の求めるメンターだと気がついた。

 

自分の考えを相手に伝えることは難しくて恥ずかしい。でもそこを乗り越えられたから私は人生のメンターと出会うことができた。そして自分が求めているものを徐々に具体化したことで既に私の周りの人と化していたその人がメンターだと気づくことができた。

これから先、そういったことは難しくなるかもしれない。でもだからこそ自分の求めるものに対して妥協せずにいたい。

就職活動における正しい服装について

就職活動

結論から言おう。就職活動において正しい服装なんてものは存在しない。

金融、メーカー、IT、小売等の業界を受験し、かつ内定をもらったからこそ言える。正しい服装なんてものは存在しない。

就職活動をしているといろんな噂に遭遇する。服装に関してもそうだ。服装自由と描かれている時はスーツを着ていくべきだなんて噂に根拠なんてない。ただその噂が真実に思えてきてしまうのは実際にそのような指定がある企業の説明会に行った際、ほとんど全員がスーツを着ているためだ。

学生が服装自由にも関わらず私服でなくスーツを着ているのには理由がある。スーツを指定された説明会が前後にあったため。もしくはスーツ以外に会社に適していると思われる服装を持っていないため。

以上のような理由から服装自由や私服推奨と言われる説明会であってもスーツを着用している学生がいるわけである。私の場合は会社に着ていくような私服を持っていなかったためスーツで説明会に参加していた。ジーンズやミニスカ、ジャージでも可と書かれていたならば私服で参加することも考えたが、どうしても人の目が怖くスーツを着てしまう。

日本特有というべきか、就職活動における服装で面倒なのは暗黙の了解だ。働く場においてミニスカートや肌が透けるようなシャツはふさわしくない等のふわっとした暗黙の了解が面倒臭い。服装自由と書くならば本気で自由な服装を許してほしいし、人事の人も自由な服装をしてほしい。ただし就職活動に慣れてくると考えも変わった。服装自由というのならば私服でジーンズを着て行ったとしても文句は言えないはずだ、と。

とはいうもののやはりTPOというのは考えなくてはならない気がする。なんとなく。そこで結局私が落ち着いた考え方はこうだ。その会社のお客様を想定し、客層に合わせた格好をする。これが結局一番自然だ。

例えば金融関係を受けた時にはビシッとしたスーツ姿に一番上までシャツのボタンを留めた。スキッパータイプのシャツではなく第一ボタンまでカチッと留まるものを選び、パンツではなくスカートにした。髪の毛はアホ毛が出ないようワックスで止めて真面目な印象を演出した。

金融関係といえば融資など大きなお金を必要とする持つお客様から、窓口に来られる個人のお客様まで幅広い。そのお客様が求めているのは信頼できる人間だと想定した。その想定から私が考え得る真面目な印象を与えることができる姿が上記の格好だ。この時に注意したのはオシャレ要素を全く気にしないことだ。ちょっとしたスーツの着こなしなんてものは排除して、いっそダサくてもいいから真面目で無骨とも言える印象を追求した。私が受験したのは信用金庫だったので、窓口にいるお姉さん方の格好も参考にした。

私は最終的には受験していた金融機関から内定を受けることができたが、私のお客様を想定した格好が内定の一因になったのではと考える。

ちなみにメーカーの営業職を受けた時は、金融の時よりも活発に動けることをイメージして化粧を少し明るめにした。営業先が官公庁であることを配慮し、それ以外の部分に関してはほぼ金融と同じにしてある。

ITを受けた際は服装自由とあったので、周りがどれだけスーツを着用しようとも私服で臨んだ。私が受験したの職ではエンジニアになる可能性もあったからだ。

以上の考え方に基づいた私の服装は社会人の方から見ると間違っていると思われるかもしれない。ただし、就職活動においての正解は受験する会社の人事と役員の方しか知らないものだ。A社で通用するノウハウがB社で通用するとは限らない。だからこそ受験する企業のお客様を想定した格好というのはある意味普遍的でわかり易い。もし面接でどうしてその格好を選んだのですかと尋ねられても答えられる。

就職活動で服装に困った時は、受ける企業のお客様を想定した格好をする。この考えを頭の片隅において、いろいろな情報を参考にしながら就職活動に臨んでほしい。

 

 

すれば良かったのに

人間関係

「すれば良かったのに」って誰にでも言えることだと思うし実際よく言われる。

「よく挑戦したね」って誰にでも言えることなのに言う人は少ない気がする。少なくとも私の周りにそう言ってくれる人はいない。

別に自分のやったことを褒めて欲しいわけじゃない。でも非難されたくもない。もちろん何か悪いこと、人に迷惑をかけたのなら非難されてしかるべきだ。

でも、すごく小さなことにも「すれば良かったのに」「私に相談すれば答えてあげたのに」って言われるのは正直しんどい。

もしその人が全てのことに対して正解を持っていれば話は別だ。でも生活している上で正解があることなんて少ない。最悪な選択なんて誰もしたくなんてなくて、ベストな選択を求めてやっとベターな選択ができるような現状で。

それでも今できる判断で下した私にとってのベストな選択に対して毎回「すれば良かったのに」って簡単に言わないでほしい。

「すれば良かったのに」とは言わずに、「次はこうしようね」と言ってほしい。

そして私は誰かの選択に対して「よく挑戦したね」と言える人になりたい。せめても「次はこうしようね」や「どうしてそうしたの」と言える人になりたい。

それを実践していると「大げさだね」なんて言われることもあるけれど、その内きっと自然に私の口から出るようになる。その時を信じて今は意識的に言葉を紡ぐしかないな。

私は自分を変えることで相手が変わってくれることを望んでいるわけではない。もちろん変わってくれればいいとは思うけど。そんな風に考えるのは、自分が変われば相手は変わるっ聞いたことがあるからだ。でも正直なところ変わってくれる相手もいるけど変わってくれない相手だってもちろんいる。

じゃあ意味ってあんまりないかなって考えたこともあるけど意味はある。自分の容量が広くなるのだ。相手を許容できるとでも言えばいいんだろうか。あんまり相手の言動について気にならなくなる。私の場合、自分が出来ていないことが後ろめたくて嫌なんだと思う。だから相手が自分が後ろめたく思っていることをしてくると自分が後ろめたい気持ちになってしまう。つまり自分のことを許せないという状況になるわけだけど、その感情をうまく処理できなくて、相手に対してムカつくという感情を抱いていることがほとんどだ。

だから私にとって自分を変えるということは、自分で自分を受け入れられる、許すことのできる存在にするということだ。自分を許せるようになると余裕が生まれて自分を客観視できるようになる。客観視できるようになると自分の他の面が気になってきて改善しようとする。そうするともっと自分のことが許せて自分のことを好きになるといういいループに入ることができる。

ちなみに教職で習ったことだけど、いじめをする人に自己肯定感の強い人は少ないそうだ。どこか自分に引け目があったり嫌いだったりしてそれを相手にぶつけている。それを聞いた時びっくりした。いじめって強者が弱者を虐げるといったイメージだったから。

自己肯定感の低さがいじめにつながるならば、教育の現場において自己肯定感を高めるような教育をできるといいなと思ったと同時に、自分自身も似たようなところがあるんじゃないかと思った。相手を傷つけてしまう時は自分で自分のことが嫌な時があるのではと。そう思ってからは自分を変えることが苦ではなくなってきた。

 これから先、心の余裕がなくなることも沢山あると思う。どうしても感情を相手にぶつけてしまいたい時もあると思うが、そんなことをする自分を自分が受け入れられるのか自問することで防ぎたい。

就職活動において会社の説明会に出る理由

就職活動

3月だから就職活動ネタで攻めてみる。

去年の今頃はとにかく必死に説明会に出席して情報を集めてESを書いてって頑張ってた。もちろんその行動に間違いはないし、だからこそ今の自分があると思う。あの頃は来年の3月に就職準備で大変な目に陥るなんて考えてもみなかった。

準備で大変な今だからこそ思うことも色々とあるわけで、その一つが会社の説明会に出るということについてだ。

もっと詳しく言うと、会社の説明会で出会う会社の人をもっと大切にしておけば良かったということだ。正直アルバイトやインターンをいくらこなそうと実際に働くことはイメージしきれない。これから自分の稼いだお金で自分を養い、将来的には家族を養っていくということを具体的にイメージし始めたのは内定をもらった後だった。

幸いなことに内定をいくつかもらった私は、皮肉にもその時になって初めて働くということについて真剣に考えた。内定をもらった先が金融、営業、小売と将来が全く違うものになる可能性を秘めていたのもきっかけだった。

文系の私はいいように言えばどんな職にも就くことができる。もちろん薬剤師や医者など大学において専門知識を蓄えた上で試験に合格しないといけないものは除く。それでも研究職だって文系にも就けると説明する会社もあったのだから選り好みをしなければ選択肢はある意味無限にあった。

無限にあったからと言って、その無限に気づくことは難しい。かなりの数の会社説明会に参加した私でさえまだまだ知らない職業の方が多い。

だから何が言いたいかというと、ぶっちゃけ働くということをイメージ仕切ることは不可能だということだ。営業職と言っても新規開拓とルート営業のどちらをメインにしているかで大きく変わる。会社に実際に入ってみないことにはブラックかどうかだって分からない。

そんな当たり前のことに気づいてからはパニックだった。しかも気づいたのは7月に入ってしまっていたので就職活動の波の第1波は過ぎてしまっていた。

そんな時に強く思ったのは分からないからこそもっと会社で働いている人に話を聞くべきだったということだ。もちろん長期でインターンをした上で入社というのができるに越したことはないが、そうでないのならば直接話を聞いていくしかない。

就職活動で出席した会社説明会は会社の人に話を聞くためには絶好の場である。当たり前すぎて理解していなかった私は出席して、エントリーシートで志望動機を書くために必要な情報を聞き取って終わりにしていた。

でもいざ実際にどの会社に入社するか決める際にはもっと大事なことを聞かなければ決断できないことに気がついた。

多くの人にとって学校を卒業後初めて働く時には3年は働いてみようという気持ちがあるだろう。3年というのが転職する際にも目安になるともっぱらの噂だったから。

つまり、今後3年の自分が生活する上で一番長い時間を過ごす場所、関わる内容と人、そんなことをイメージしながら情報収集をすべきだったんだと気がついたのは本当に遅かった。

そういったことをおそらく就職活動における軸と呼んでいたんだろうな。本当に自分にとって譲れないことは何なのか。それを強く意識しながら説明会に出ておけば質問なんていくらでも出る。でも当時の私は質問をするのは人事の人に顔を売るための手段でしかなかった。

今思えばあるメーカーさんの人事の方が言っていた、「調べてわかることは聞かないで」というのは、文字どおりの意味以上に大切な機会を無駄にするのは勿体ないから本当にあなたにとって必要なことを聞きなさいということだったんだろう。

福利厚生についての質問は心象が良くないなんてことも聞いたけれど、それが働く上でこの上なく大切なことであるならば聞くことは重要だ。

相手の心象を悪くするのではなんて怖気付いて質問しないという選択肢は後になって自分の首を絞める結果になる。

だから会社説明会などで働く人に会える機会があるならばためらいなく質問していくべきだ。顔を売るためなんて理由であればそれは時間の浪費だ。自分に本当にためになる質問をぶつけて、その結果として人事に顔が売れる。手段と目的を履き違えてはならない。

今まさに就活をしている人、これから就活をする人に向けて言いたい。内定をもらうことがゴールではなく、その先働いていくための場所を選定するために就職活動をするんだと。だから人によっては会社勤めを選ばない人も出てくる。自分の考えをしっかり持って、見失わないでいてほしい。

自分の考えがわからない人は自分のことを振り返って自分に正直になってほしい。その時、親や友達はただの雑音になる。就職活動をする際には他己分析も重要になると言われる。でも自分の気持ちを自分で知らないと他人があなたを決めてしまう。自己分析なんて耳障りがいいんだか悪いんだか分からないカチッとした言葉に惑わされず自分と向き合ってほしい。

その上で湧き出た疑問を会社説明会では聞いてほしい。私は質問なんてないやと思って質問せずに帰ってしまうことも多かったが、本気で3年間週休2日しかない状態で毎日を過ごす場を決めるんだと思うと質問なんて溢れ出てくる。

それが出てこないうちは本気で会社に向き合っていない。ぶっちゃけそこまで考えても最終面接まで質問が出てこない会社は本当に行きたい会社なのんか再考するべきだ。憧れだけで受験していないか、と。

就職活動をネタにすると文字数が増えて仕方がないな、、、

就活生におすすめの場所

就職活動

3月3日といえばひな祭りであるが、就活生にとっては毎日が勝負の連続で晩御飯のお寿司を見て今日という日を思い出すのかもしれない。

さて、そろそろ合同説明会とは別に会社個別の説明会の情報が手に入っている頃合いだ。そこで重要になってくるのはスケジューリングで、気になってくるのは服装だ。

スケジューリングは正直優先順位を付けて参加する説明会を決めていく必要がある。特に会社個別の説明会ともなると場所もバラバラで知らない道を通って目的地に着くために時間を読む力が大切だ。

特に大阪だと本町あたりは会社がひしめいており、就活生の数も桁違いだ。説明会の開始時刻近くになると就活生がどっと増えるが、適当に後ろをついて行くと全く違う会社に到達するので気を付けなければならない。

途中勇気を出してビジネスマンに道を聞くのも一つの方法だ。

また、説明会に折角参加するからには実りあるものにしなければならない。正直これからの時期は時間が足りなくて仕方がない。しっかりと予定を組んでも突然の面談が入ったりする。

特にESを書くための時間の確保がかなり大変だ。手書きのものもネットで提出のものもあるので混乱する。パソコンを持って歩くことが出来れば文句ないのだが、いかんせん重たいのが難点だ。

そこでおすすめするのが就活カフェである。私が良く利用したのは本町にあるキャリぷらという場所だ。そこではパソコンはもちろんのこと、参考者や歴代の利用者が残した会社の情報が沢山ある。

最も良かったのは色んな大学の学生が集まっていたのとである。関関同立など大きな大学であれば先輩や同期からかなりの情報を仕入れることが出来る。

しかし小さな大学に通う人には彼らが当たり前に手に入る情報が中々手に入らず、入ったとしてもかなり鮮度の落ちた情報となる。

そこで就活カフェを利用することで他大学の知り合いが出来、情報交換が出来るのである。

またESのチェックや模擬面接などをしてくれるため、大学でそういったサポートが受けられない人にとってはとても便利だ。

就活カフェは本町や梅田など会社が多い立地にあるため、説明会を待つ間の時間潰しには最適だ。お茶も無料な場合がほとんどなのでカフェに行くよりもおすすめである。

特に模擬面接の場合全く知らないその場にいる人と一緒にしてくれるので本番さながらの練習が出来る。

就活はある意味情報戦なのでこういった場所の存在を含め、しっかりと準備をしつつ臨んて欲しい。

合同説明会の回り方

就職活動

あと少しで就職活動が解禁する。それに伴い合同説明会に参加する人も多いのではないだろうか。 

そこでマイナビリクナビ、キャリタス、みん就などメジャーどころをほぼ制覇した私なりに合同説明会の回り方について紹介する。

場所は大阪のインテックスを例にとって紹介するが、スカイビルなど中規模の会場であってもそこまでは変わらない。

まず必要な持ち物上位ベスト3

     1. 体力

     2. 体力 

     3. 計画

冗談のようだけど割と本気で体力がいる。本当に疲れる。3月に入る前から合同説明会に行っている人は分かると思うがとにかく人が多い。

3月からの分はそれまで以上に人が多い。どこから湧き出たのか、電車なんて思っている時間になんて乗ることができないほどだ。

開場の30分前にはかなりの人が並んでおり、開場時刻についてもすぐには入ることはできない。

始まる前からゴリゴリ体力は削られていく。そして開場とともに一斉にお目当の棟へと進んでいくのである。

そこで必要になるのが計画だ。自分が説明を聞きたい会社はどの棟でやっているのか、人気のある会社はすぐに埋まってしまうので注意が必要だ。

3月に入ると各会社の説明は長くなる。30分は余裕で超えてくる会社が増える。

だから事前に行きたいと思っていた会社を全て回ることができる人は結構少ない。しかも人が多すぎて立ったまま説明を聞くことも多いので疲れて途中で帰る人も多い。

そんな中、どのようにして計画を立てて合同説明会を回るのか。

それはずばり大手を捨てることだ。

大手の会社は人気も高くセミナー形式で説明をしているので説明の前にも時間が取られる上、説明も意外に薄い。

大手の会社は合同説明会で話を聞くとしても一回で充分で、あとは会社独自で行う説明会に出席するべきである。

だから合同説明会で捨てたとしても説明を聞くチャンスは他にもある。

顔を人事の人に売るべきだとの考えもあるが、ぶっちゃけ顔を売る前に通るESを書くべきだ。顔を売ったところで、自分の顔を覚えている人事の人が自分のESを見てくれるとは限らないからだ。

とはいえ金融などスタンプラリーのように出席を重視する会社もあるので、事前に受ける会社がどのような形で学生を評価するのか調べておくべきだ。

また、大手の場合は特にESが凄まじく難しく面倒だ。字数や設問の数も中小企業に比べてかなり多い。

にも関わらずESを通らなければ説明会にすら行けない会社もあるので注意が必要だ。

では一体合同説明会はどのように活用すべきなのか。

それはただ説明を聞くのではなく、志望動機を書く際に知っておかないといけないけない内容やもしその会社で働くとして気になる情報をメモしておいて重点的に情報収集をする。

とはいえ、一度もESを書いたことのない人にはイメージしづらいので、400文字程度で志望動機を書きネット上にある受かった志望動機と比べた上で勝てる内容なのかを比較する。

大抵の場合は情報が無さすぎて志望動機が書けないので、欲しいと思った情報を説明会の中で収集し、言ってくれなければ質問をする。

説明会の際に顔を売るためだけに質問をする人もいるが、折角であれば自分が必要な情報を聞くために自信を持って質問しよう。

 

以上が私が合同説明会で学んだことだ。他にも同様に合同説明会の回り方について書いてあるものがあるので、自分がどのようにしたいのかをしっかり考えた上で必要な情報を取捨選択して欲しい。

パートナーとの関係性

人間関係

私の友人でとても良い関係性を築いているカップルがいる。

べったり甘えた依存ではなく、側から見るとむしろドライかなと思えるほどの2人である。

ただふとした時の2人の視線がとても暖かい。仕草も柔らかい。お互いを思い合っているんだろうなと思えるものである。

私は彼氏ができると舞い上がってしまって、相手のことが頭から離れなくなってしまう。それが自分ながらしんどくて別れたこともあるくらいだ。

だから友人たちを見ているととてもほっこりするしぶっちゃけ羨ましい。もし次誰かと付き合うならそんな優しい関係を築きたいという、ある意味お手本にしたい2人である。

 

つい一年ほど前までは彼氏に求めるものは顔であったり学歴や職だった。

それがいつの間にか彼氏が欲しいというよりもパートナーが欲しくなった。

私にとっては恋い焦がれる相手というよりも、自分自身で接することのできる相手に恋人になって欲しい。

おそらく以前付き合った彼氏が自分の好みすぎて常にぶりっ子しているような状態に自分が耐えられなくなったからだ。

ぶりっ子というか、相手のことが好きすぎてつい本音を言うよりも彼氏が好きな自分を模索して演じている感覚だった。

そのことがしんどくて堪らなくて、何度も自分らしく相手に向き合おうと試みた。

でもいざ彼の前に立つと舞い上がってしまって上手くいかなかった。そしてデートを自分の予定の中心に据えるようになってしまっていた。

最終的にはそのしんどさの原因も分からなくなってしまって相手に当たってしまっていた。

結局彼にフラストレーションをぶつけるような形で別れてしまった。他にも別れるに至った原因は他にもあるが、別れ際の自分の対応は悔やんでも悔やみきれない。

たくさん楽しい思い出を彼にはもらったし、それ以上に人と付き合うということについてよく考えるきっかけをもらった。

もう一度付き合いたいとは思わないけれど、別れ方だけはやり直したいと思いつつ彼のことを思い出すこともなくなっていった。

それから自分が欲しいと言っていた彼氏とはどういうものなのか、よく考える。

一緒にいて楽しい相手なら友達がいる。顔が好みすぎるのも緊張しすぎるしテレビの向こうにはイケメンがたくさんいる。何でも話せる相手なら親友がいる。

じゃあ一体自分が欲しい彼氏とは何なのか。

まだ答えは出ていないけれど、自分の人生を生きるに当たって支え合える人が欲しい。

そんな風に考えるようになってから、彼氏が欲しいという言葉に違和感を感じるようになってきた。

だから今はパートナーが欲しいと思うし、築くなら友人たちのような暖かい関係を築きたい。

そう思える今日この頃である。